アプリでレンタル彼女に出会った

大学受験に落ち、自分が入りたかった会社にも落ちてしまった僕は、毎日を絶望的に生きていました。食欲も無く、一人で寂しくご飯を食べては、ゴロゴロと寝っころがる日々を送っていました。

でも、やっぱり、女性とお話がしたいなと思うのです。この辛くて暗い自分を相手にしてくれる、優しい彼女が欲しいなと思ったのでした。そんな時、アダルトアプリでレンタル彼女として男性を募集している女性がいるということを2chで知りました。

気軽に利用できて、しかも自分好みの女性達がたくさん居るところも気になりました。デートしてみたいと思い、メールをやり取りして、家に来てもらうことにしました。

約束した時間になると、その女の子が駅にやって来ました。とてもスレンダーで背が高く、おしゃれで美しい女性でした。25歳という女性で、僕よりも3歳お姉さんでした。

とてもしっかりとしている人で、散らかった僕の部屋を見ては、「どうしたの?」と心配してくれます。色々と失敗が重なっていて、精神的にも部屋を掃除しようとさえ思えなくなってしまったということを伝えました。

すると、彼女は「そうなんだ、辛かったね、私が慰めてあげる」と言うのです。僕をギュッと抱きしめてくれては、顔を僕の顔に摺り寄せてきます。温かさと優しさで、僕は泣いてしまいました。

彼女の腰にギュッと抱きつき、「えん、えーん」と泣いてしまったのです。彼女は「良いよ、泣きなよ」と言っては、僕を慰めてくれました。

すると、僕のお腹がキュルキュルキュルと鳴り始めたのです。思わず彼女と吹き出してしまいました。「お腹空いてるんだね、何か作ってあげようか?」と言ってくれます。

「えっ、いいの?」と驚く僕に、「あたしね、料理得意なんだ」と微笑みながら言うのです。「じゃあ、チャーハンが食べたいな」と言うと、「うん、分かった」と言っては立ち上がり、キッチンの方へと行きました。

冷蔵庫のドアを開け、中からチャーハンの材料になりそうなものを取り出し、「これ、使うね」と言っては、材料を切り始めました。その姿があまりにも可愛かったので、思わず僕は、彼女の後ろからムギュッと抱きついてしまったのです。「もう、危ないよ」と笑いながら言ってくれます。

少し経つと、彼女が熱々のチャーハンを持って来ました。凄く美味しく、噛まずにバクバクと食べてしまいました。すると、彼女が「ダメだよ、ゆっくり食べなよ」と言っては、僕がこぼしたご飯粒を拾ってくれるのです。

あっという間に無くなってしまった僕に、彼女は自分のチャーハンをスプーンですくっては「アーン」と食べさせてくれるのでした。もう彼女に夢中になってしまった僕でした。

その後も1ヶ月に3回はレンタル彼女を利用し、そんなデートを繰り返しています。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ